映像制作を成功させよう

>

難しいポーズも再現できる

日常生活では難しい動作

人間を使って撮影する場合も、1コマずつ止まっている風景を撮影します。
動画を撮影する時は、できない動作があると思います。
ですがピクシレーションは止まりながらの撮影なので、楽にいろいろなポーズを撮影することができます。
あり得ないポーズなどを盛り込むと、斬新に見えますね。
また大げさなポーズをすることでも、おもしろい映像作品になります。

驚いているポーズは、両手を大きく挙げるなど普段よりも大げさにしてください。
動作が小さいと、何をしているのかわかりません。
見ている人にわかってもらえないと、おもしろいと感じないでしょう。
表情も大げさにするといいですね。
うまく撮影するコツは、全身を使って感情を表現ことです。

撮影する場所を工夫しよう

いつも同じ場所では、おもしろくありません。
撮影する場所を変えることでも、斬新な映像作品を作れます。
いつも室内で撮影している人は、外に行って撮影してみるといいですね。
他の人が知らない穴場を見つけて、撮影を開始しましょう。
しかし外は、太陽の光が変に当たると影になったり、また明るすぎて画面が白くなってしまうことがあります。

光や、撮影する角度を変えながら作業を進めましょう。
また障害物がある場所もおもしろいですが、ごちゃごちゃしていると汚く見えます。
邪魔なものがない、スッキリした場所で撮影するといいですね。
人間を撮影する際のポイントを意識して、誰も作ったことがないようなピクシレーションを作ってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る