映像制作を成功させよう

>

おすすめのアイデアがある

アニメーションの作り方

アニメと言っても、絵を描くわけではありません。
人形を使って、アニメーションを制作することができます。
これなら絵が苦手な人でも、おもしろい映像作品が作れますね。
かわいい人形を使えば、子供も大人も好きなアニメーションになります。
怪獣の人形を使えば、かっこいい作品が作れるなどバリエーションが豊かです。

一眼レフカメラで、1コマずつ撮影していくだけなので非常に簡単な方法だと言われます。
人形と一眼レフカメラがあれば制作できるので、初心者が挑戦するのに向いています。
どんなアニメーションを作るのか、事前に物語を決めておきましょう。
すると人形にどんなポーズをさせればいいのかすぐに判断できるので、スムーズに撮影が進みます。

撮影する際の注意点

人形を使ってアニメーションを作る場合は、画面が揺れないよう固定してください。
揺れると、綺麗な映像を作れないので見にくくなります。
人間の手でカメラを持つと、震えることが多いので三脚を使ってください。
三脚に固定すれば、揺れを抑えることができます。
また一眼レフカメラは、フルカメラを使った方が綺麗に撮影できます。

たくさんの人形があると、画面が窮屈になります。
あまりたくさんの人形を、一気に出さないよう気をつけましょう。
2体か3体ぐらいなら、物語も進みますし窮屈に感じません。
さらに音楽をつけると、アニメーションらしくなります。
その場の雰囲気に合ったBGMを追加しましょう。
動物の鳴き声は、身の周りのものを使って再現できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る